HOME>Topics>介護職員初任者研修以外のおすすめの介護系資格

介護職員初任者研修以外のおすすめの介護系資格

女性職員

介護職員初任者研修を取得することで得られるメリット

介護職員初任者研修を取得すると、訪問介護の際に無資格ではできない身体介護ができるようになります。そのため、転職や就職においても仕事の選択肢が広がります。施設によっては資格手当がつくこともあるので、給料アップも期待できるでしょう。基本的な知識やスキルが身につくため、自信を持って仕事ができるようにもなります。

介護職員初任者研修取得後に挑戦したい資格

介護福祉士

キャリアアップへのステップになる実務者研修

介護職唯一の国家資格である介護福祉士の受験資格を得るためには、実務者研修が必要となります。介護業界で将来的なキャリアアップを目指すのであれば、介護職員初任者研修の次に取得すべきは実務者研修といえるでしょう。

介護業界唯一の国家資格の介護福祉士

介護業界で働き続けるつもりなら、介護福祉士の資格を取得しておくのが賢明です。研修を受けるだけでなく、介護施設での実務経験も求められるなど、経験も必要とされる資格です。ただし、福祉系の高校や養成学校などに通うと、実務経験は免除されます。

仕事の幅が広がる介護予防運動指導員

介護予防運動指導員は、高齢者が快適に過ごせるように筋力トレーニングや運動を通した身体ケアを行います。資格を取得すると運動を通して高齢者と密にコミュニケーションをとれるため、介護信頼されやすくなり仕事もスムーズに進みます。

身体的な負担が少ない介護事務

介護職は体力勝負なところもあるため、年齢を重ねるにつれ体への負担が大きくなります。介護事務の資格を取得していれば、介護職から事務仕事へと鞍替えすることができます。結婚や出産などで働き方を変えたい人にも向いている資格です。